tigのインストールと使い方(wsl2)

January 02, 2021

commit history
  1. 2021/01/02 07:59:44 e10012c
headline

tigとは

repository

https://github.com/jonas/tig

repositoryで説明していた。tigとは?

Tig is an ncurses-based text-mode interface for git. It functions mainly as a Git repository browser, but can also assist in staging changes for commit at chunk level and act as a pager for output from various Git commands.

翻訳

Tig は ncurses ベースの git 用テキストモードインターフェースです。主に Git リポジトリブラウザとして機能しますが、チャンクレベルでのコミットのための変更のステージングを支援したり、さまざまな Git コマンドからの出力のためのページャーとしても機能します。

environment

wsl2 ubuntu 20.04

install

ここからはinstallしていきます

公式のinstallガイド

https://github.com/jonas/tig/blob/master/INSTALL.adoc

wsl2でinstallに使ったコマンド

git clone git://github.com/jonas/tig.git
cd tig/
make prefix=/usr/local/bin
sudo make install prefix=/usr/local/bin

注意: 日本語が文字化けした場合は、最後の方に解決法があります。参考にしてください

使い方

基本操作

tig # tigを開く
q # tigを終了
tig
enter # 選択
h # ヘルプを開く
q # ヘルプを閉じる
q # tigを終了

git add 取り消し

全てに共通する。

  • addされてないファイルを選択して、作業すればaddされる
  • add済みのファイルを選択して、作業すればaddが取り消される
  • 作業とはadd、add取り消し。ファイル単位ならuを押す。行単位なら1を押す

ファイル一覧の

  • Changes to be commitedはadd済み
  • Changes not staged for commitedはaddしてない

例: 例えば以下画像だとChanges not staged for commitにあるREADME.mdがaddされてない

add

git add 1行

tig
shift + s # 差分表示(以下に説明)
enter # ファイルを選択して
jjjj # 行を移動
1 # add される

shift + sの説明

Changes to be commited

  • add済み

Changes not staged for commit

  • 変更済み、addしてない

git add ファイル

tig
shift + s
enter # ファイルを選択して
u # add される

git commit

# 何かしらgit addしておいてください
tig
shift + s
shift + c
1行目にcommitメッセージを入力してエディタを終了

installで発生したエラー

error1

エラー内容

./autogen.sh: 17: aclocal: not found

解決

sudo apt-get install automake

error2

エラー内容

日本語が文字化けする

解決

make configure
./configure
make prefix=/usr/local/bin
sudo make install prefix=/usr/local/bin

これでだめなら、.zshrcや.bashrcに以下を書いてみてください

export LC_ALL=en_US.UTF-8

contact